読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統失ニートの再受験日記

大体は海水魚について書きます。統失ですが、医学部再受験しようと思います。

濾過槽作成2

こんばんは。

沖縄も夕方くらいからだんだん冷えてきました。

なんだか巷の噂では、

「沖縄にも雪が降る可能性が!!」

なんて言ってますけど、まさかね~(´∇`;)…

でも、もう3年くらい雪を見ていないので、降ってくれたらうれしいですねー。私は大雪の日に散歩したりドライブするのが好きでした。

 

さておき、今日はメイン水槽から濾過槽に落ちてくる水の受け容器を作成しました。

f:id:cmsan:20160123194320p:plain

名前は分かりませんが、ここの部分です。画像は、解りやすい濾過槽の例としてこちらから勝手に拝借しました。ありがとうございました。

 

こちらが材料です。

f:id:cmsan:20160123200959j:plain

いつも通り、百均のプラ容器と様々な用途の塩ビ管たちです。

さっそく、ホールソーで底に穴をあけます。

f:id:cmsan:20160123204416j:plain

ギュイーーンと、容器が壊れないよう注意しながら、穴をあけていきます。

ホールソーを始めて使ったときには、使い方が良く分からず、よく指から流血していました…。今となっては、懐かしい思い出です。

f:id:cmsan:20160123204730j:plain

下の層へ落とすパイプをつなげて、こんなものができました。接着にはバスコークを使っています。

 続いて、落ちてきた海水を分散させるシャワー的なものを作りたいと思います。イメージ的には、こんな感じです。

f:id:cmsan:20160123204941j:plain

これに穴をたくさん開けてシャワーにします。プラ容器に入る長さに調節して、フタと連結した結果、こんなものができました。

f:id:cmsan:20160123205340j:plain

 

(゜-゜)…

 

うーん、見た目はあまり良くないですが、まあいいでしょう。

 

早速、通水試験を行いたいと思います。

f:id:cmsan:20160123205843j:plain

 シャワーからの水の出口が偏っているのが良く分かります。

まあ、どうでもいいんです…。

使っていて不具合が出れば、その都度直していけばいいんです。

最後に物理ろ過、消音対策として綿を詰めれば完成デス。

f:id:cmsan:20160123210117j:plain

濾過槽にはこんな感じでセットします。

f:id:cmsan:20160123210221j:plain

プラ容器の取っ手が、濾過槽の壁に掛けられて、イイ感じです。

次は、濾過槽の仕切り板の固定作業等をしようと思います。

では!!ヾ(。・ω・。)