統失ニートの再受験日記

大体は海水魚について書きます。統失ですが、医学部再受験しようと思います。

東京喰種

最近、東京喰種(トーキョーぐーる)というアニメを見ました。このアニメの内容は、東京に人を主食とする種族がいて、臓器移植によって喰種(ぐーる)になった人間である主人公が、人を食べていいものかという葛藤を表すアニメなのですが…

アニメだけどちょっと簡単に考えられない部分がありまして…

 

私は、統合失調症の急性期のときに、親友や家族に何度も裏切られ、それでも家族や友人を救うために何度も死ぬ覚悟をして、自分の命を犠牲にし、何度も拷問や脅迫によって殺されかけたのですが、その都度にかろうじて生き残って、今現在生きているという妄想幻覚を見ていました。何十回、何百回見ました。というかその世界の中に何か月間かいました。その結果、家族や友人は救うに値するのかという大きな葛藤に悩まされました(記憶の中のどこまでが真実でどこまでが嘘か、今現在分かりません)。

私は結局、記憶の中で葛藤の原因となる、強いしがらみになる部分は完全に消去して、なるべく過去を忘れて一から人生をやり直そうと思うのですが、最近インターネットでこのアニメの12話で、主人公が人を食べていいのかという葛藤を見たときに、客観視できない部分がありました。

こんな事を言っても何にもなりませんがいくらかの人、統合失調症解離性障害の人にはこの葛藤(食人や殺人)が、あり得るものだと思います。病気だからといって許されるわけではありませんが…この場合、どうふるまえばいいのでしょうか?

自分の理性と感情の折り合いがつかないときにどちらに従えばいいのか? 

むーん…難しい問題です。

 

とは言いましても、私は、一般の人に病人の方を持ってほしいという気持ちはなくて(そんなことしたら大変な社会になってしまいます。)、私が理解してほしいのは、一般の人が異常と考えている世界が、一部の人には当然の世界であったり、逆に一般の人が当然と考えている世界が一部の人には異常であったりすることです。

 それだけです。

 

私は統合失調症ではありますが、一般の社会の規則をよく理解してますので(常識はわきまえています。たぶん…)、うまい具合に折り合いをつけて、きちんと社会にに馴染んでいきます。(*^-^)