読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統失ニートの再受験日記

大体は海水魚について書きます。統失ですが、医学部再受験しようと思います。

バックウォール制作5

まだ、セメントの中性化(大気中のCO2との反応して不溶性のCaCO3を形成)が十分ではないと思いますが、ライブロックが死なないか心配だったので、バックウォールを昨日から海水に沈めています。

 

でも、何だか匂うんですよね…水も綺麗じゃないし。

f:id:cmsan:20170307152138j:plain

気になるので、海水のpHとアンモニア濃度を測ってみました。

まず、pH

f:id:cmsan:20170307152337j:plain

8.2くらいですね。セメントのおかげで高い値になると思ったのですが、そんなに高くなりませんでした。

続いてアンモニア

f:id:cmsan:20170307152456j:plain

0.8くらいでした。RedSea検査キットの一般的な有害アンモニア濃度は0.25mg/Lなので、この値は結構高いことになりますね。なんか水が匂う気がするし、そういうことだったんですね。取りあえず2/3くらい換水してまた1~2日後に測定と換水を実行しようと思います。

 

そのあと、ライブロックを眺めていると、何だか見慣れない生体が…

f:id:cmsan:20170307152941j:plain

 

むむむむ…

 

これは何だ…カーリー?

小さくてすごく見づらいのですが、イソギンチャクのようなケヤリのような生き物がいます。ネットやショップ等で確認できるカーリーとは少し違うような気もするのですが、万が一これがカーリーだった場合に、水槽が汚染されるのが怖いので、すぐさま駆除しようと思います。

f:id:cmsan:20170307153343j:plain

備えあれば、何とか…

 

さて、白点に侵されていたバーゲスの様子ですが、

少しずつ水槽内を泳ぎ回るようになり、食欲も回復してきました。体表の白点も気のせいか、薄くなってきたような気がします。

f:id:cmsan:20170307153840j:plain

まだ、体中に白点(の跡?)が見えますが、回復への希望が湧いてきました。使用している薬は白点キラーサンゴ水槽用です。白点虫の性質を考えると、昨日までで体表の白点がピークが過ぎたので、あとは、水槽の底に沈んでいる白点から放出される子供たちを駆除するだけです。底に沈んでから子を産むまでの日数は4~8日ですので、体表から白点が消えて一週間くらいは、薬の投与を続けていこうと思います。

 

頑張ったねバーゲス、峠は越えたよ!