統失ニートの再受験日記

大体は海水魚について書きます。統失ですが、医学部再受験しようと思います。

リバースグレイン

2ヶ月ぶりに硝酸塩、リン酸塩濃度を測ってみました。その結果…

硝酸塩…

f:id:cmsan:20180521194347j:plain

真っ赤でございます。約50ppmというとこでしょうか。

リン酸塩…

f:id:cmsan:20180521194459j:plain

こりゃひどい。真っ青でございます。0.64ppmをはるかに超える青さです。ソフトコーラルが心配になってきました。

 

こうなると全換水しか改善方法が無いように見えますが、折角ですので添加剤の効果を実験していきたいと思います。

まず、リン酸対策にカミハタのフォスヘイトリムーバーを使用します。

f:id:cmsan:20180521194732j:plain

こちらは外部濾過器のろ材の中にぶち込みました。

続いて、硝酸塩対策にアクアアルミナのリバースグレインを使用します。

f:id:cmsan:20180521194944j:plain

今回使うのは、液体タイプのろ材になります。こちらは、何かよくわからないイオンが硝酸、リン酸、さらにはケイ酸にまで吸着してこれらイオンの濃度を下げてくれるという魔法のような商品です。ホントでしょうか?

f:id:cmsan:20180521195234j:plain

ドバーっとぶち込みます。

 

2日後

 

硝酸塩、リン酸塩濃度を再び測ってみました。

硝酸塩

f:id:cmsan:20180521195358j:plain

真っ赤。変化なし。

リン酸塩

f:id:cmsan:20180521195438j:plain

青みが薄くなりました。が、まだ0.64ppmをやや超えているので依然として高い数値デス。

結論として、推測ですが、フォスヘイトリムーバーは効果あり、リバースグレインは私の水槽ではおそらく効いてないです。やっぱり、日本中の海水魚、サンゴファンが硝酸、リン酸、ケイ酸と日々格闘してるわけですからそんな都合のいい製品は中々ないですよね。

 

明日、バイトが休みなので、全換水します。